ダウンタウン 明石家さんま ロンドンブーツ一号二号 オリエンタルラジオ 陣内智則 お笑いが生きがい♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ネット起業後発組下克上プログラム プレミアムパッケージ【究極のネット起業成功ノウハウを日本のトップインフォプレナー12人が伝授!】

多くのネット起業家が予言するように、本年が情報起業家の入り口が比較的開いている最後の年


時はながれ2006年。今やインターネットビジネスは、多くのネット起業家が予言するように、本年が情報起業家の入り口が比較的開いている最後の年になることは私も異論がない。



つまり、本年がネット起業の後発組にとって、最後のチャンスなのだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



しかしながら、これからネット起業を始めるあなたたちは非常に多くの事柄を最初に学習しなければいけないだろう。







インターネットで集客する方法として、SEO、リスティング広告(PPC)などのSEM関連知識、アフィリエイターとして活動するならば現在では避けて通れないブログアフィリエイトやアドセンスのノウハウ、情報起業して成功する上では欠くことのできない重要なスキルとしてレターライティング、アイデア、ネタ作り、メールマーケティングのハウツー、それに加えて、ビジネスで成功するためには起業家としての高いマインドセットや最新のWEBサービスを開拓する先見の明が必要なのだ。

僕がこの業界で本気で稼いでやろう。
本気で一旗あげてやろうと志した2005年の元旦。



ある方の出された有名な成功法則の書籍に書いてあったとおり、

そのときの決意や夢を、一枚の紙に書き下ろしました。
よく『夢実現リスト』です。





そして、そのときに書いていた自分の理想や夢は、
一年後、全て現実のものとなってしまったのです。

本当に、『一つ残らず』です。





(そしてこの事実を先日その成功法則本を執筆された著者に直接お会いし、ご報告させていただく事まで実現してしまったのです!)





人はおろか、自分ですら、本当にそのときに立てた希望が実現するとは夢にも思いませんでした。自分自身が一番驚いているのが正直なところです・・・







↑↑↑一読の価値は十分にあるかと思います↑↑↑

しかし、・・・これは紛れもない事実です。

なんのコネも、なんの知識も、なんの経験も、

何もないド貧乏の若者が、たった一つの志だけで、今では知るもののいないネットビジネス業界の代表的な起業家として多くの人間を巻き込み活躍しているのです。

正直な話、これから少し話をするがネットビジネスというのはあなたたちが想像しているより『楽勝』ではないし、誰でも成功できるわけではない。





大きく夢や希望を抱いて、このビジネスに飛び込んできた人たちが志半ばで先発組みとの圧倒的な差を見せ付けられ、無残に試合を途中退場していく様見るのが本当に心苦しいのだ・・・(偽善ぽく聞こえるかもしれないが、私自身が諦めて試合を退場することを決めたときの虚しい気持ちを何回も経験しているから本当にそう思う。他人であってもそれは同じだ。)





これからネットビジネスで大きく羽ばたいていく後発組に向けて、現在進行形でネット起業先発組に挑む我々『後発組』が現時点で持てる限りのノウハウをお伝えし、あなたたち『最後発組』がネットビジネス取り組みはじめのステージにいるこの2006年に、





最初の入り口段階からネット起業界最高レベルのノウハウとマインドを伝授して見事『下克上』を成功させてしまおう、という信念の元、今回のジャンルや専門分野を越えた、超党派の情報企業家集団によるプレミアムノウハウセミナーを企画したのです。







俺たちは全員情報起業だけでも年収1000万を突破している。

そう言うと、このビジネスはすごく儲かって、なんだか夢のような話に聞こえるだろう。



そこからか分からないが、どうやら『情報起業ってのをやると何億円とか楽に儲かるらしい』、『メールを送ればすぐに何百万儲かるらしい』、『ほったらかしでもサイトが自動販売機みたいにガポガポお金を稼いでくれるらしい』という迷信が生まれてしまった。笑



申し訳ないが、そんなにウマイ話があるわけない。



情報起業は楽しいだけ、儲かるだけの気楽な商売ではないのだ。

少なくとも『ノーリスク』ではないし、それ以上に、目に見えないもの・・・

すなわち『自分自身』をすり減らすことによって自分の中で蓄積してきたインプットを自らの分身として世に送り出しているわけ。



それだけ、自分の中に蓄積してきたものがあるからこそ、それを吐き出す形で情報を販売するというビジネスが成り立つ。それを求める人がいなければ当然ながらほったらかしておいても儲かるわけがない。



そんな基本的なことも考えずに、

一体何人の人間が情報起業に憧れ、この業界に入ってきただろうか?



そして、何人の人間が稼げぬまま、

当初思い描いた理想郷を見ぬまま、

この業界を去ってきたことだろう?



情報起業は楽して稼げるガツガツ儲かるお気楽ビジネスなんかじゃない。

続きの内容はコチラ
スポンサーサイト
  1. 2007/01/17(水) 20:56:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hgfjyftgu888.blog85.fc2.com/tb.php/178-6a8e53d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。