ダウンタウン 明石家さんま ロンドンブーツ一号二号 オリエンタルラジオ 陣内智則 お笑いが生きがい♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

具体的なFXで稼ぐ方法

具体的なFXで稼ぐ方法

思い返せば、あの、2005年12月…

忘れもしません、わずか数日で100万円近いお金を失ったあの円高。

顔面蒼白、頭の中は真っ白。震える手で、泣く泣く損切りしました。
あまりに遅すぎた損切りでした…


私が損したわけ、それは今となってはよくわかります。

*ルール無き売買

いわゆる勘だのみです。
いつ買うのか、いつ売るのか、その時の気分や勘でなんとなく注文を出していました。

* 人頼みの判断

著名な方のおっしゃることを、何も考えずに信じていました。
しかも自分に都合のいいところだけを。
いくら有名な方でも、見通しが外れることもありますよね。

* 甘い資金管理、リスク管理

気がつけば高レバレッジ。 まだ大丈夫と、勝手に思っていました。 絶対勝てる方法なんてありません。 リスクを取りすぎたその結果は悲惨なものです。

今、改めて振り返って、ホントに情けなくなってしまいますが、これが現実でした。
当然のことながら、FXの成績は悪く目も当てられませんでした。

「100万円を早く取り返さなくては!」

そう思い、あせった私は高額なE-BOOK、投資セミナーのDVD、書籍などで猛勉強を重ねました。チャートを見たり、ニュースを読んだり、投資家さんのブログを読んだり・・・多くの時間とお金を費やしました。

確かにそれらは私にFXの「知識」は与えてくれました。

しかし、FXでの「成果」にはまったく結びつきませんでした。
100万円を取り返すどころか逆に・・・

今思えば、その理由は明白です。

いくら「知識」を蓄えたところで、実際に「いつ」「いくらで」注文をだしたらいいのか、という具体的なポイントは、自分で導き出さなければならなかったからです。

自信の無い私は、実際に注文を出すことが、なかなかできませんでした。

たまにチャンスかなと思っても、結局買えずにどんどん上がっていってしまうのを、指をくわえてみているだけだったり。

チャートを見てはヒヤヒヤして嫌な汗をかいたり、心臓バクバクさせながら、注文を出したり、取り消したり。

こんな思いをして、それで損しているなんて、もうFXなんてやめようか・・・

そう、何度も思いました。

あきらめかけたその時…

そんな鬱々とした日々を過ごしていた私でしたが、そんなとき、ネット上でFXの情報を公表している「ある人物」を知りました。

その方がFXの勉強会をするということで、勇んで出かけていってお話を聞きました。

詳しい内容を読む

↑↑↑一読の価値は十分にあるかと思います↑↑↑
スポンサーサイト
  1. 2006/12/28(木) 14:40:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hgfjyftgu888.blog85.fc2.com/tb.php/67-6bc724c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。